「学力」が先?「人間力」が先?

12月23日はクリスマスパーティを行いました。140名の方が参加してくれエネルギーいっぱいのイベントになりました!

140名の方が参加してくれ
エネルギーいっぱいのイベントになりました!

パーティでは、生徒全員で英語ミュージカル、クリスマスキャロルを発表します。1人1人が一生懸命に練習をし、本番では大勢のお客さんの前でも堂々として輝いていました。

幼児~高校生まで全員で力を合わせて頑張りました!
1人1人が輝いていました✨

前回はボロボロ

パーティの裏舞台では、今回も中高生11名がスタッフとして準備から関わり、当日の運営、劇の裏方、片付けまで、英語を使ってチャレンジ!

前回は・・

× おしゃべりをしていて道具の出し入れを忘れる・・
× 自分のことで精一杯・・
× お互いコミュニケーションをしない・・
× イレギュラーに思考停止・・
× 人任せ・・

そんな、ボロボロの状態でした・・・。

100人の前で踊って、歌って【表現力・人前で話す勇気】を育てます。
1番必要で1番欠けている教育・・。この積み重ねが本物の会話力につながります。

1年1回の経験が大きな成長になる!

ほぼ同じメンバーで臨んだ今回は、前回の失敗から学び、レッスンやインターンシップで沢山のリハーサルを重ねました。その結果・・・当日、ほぼミスなし!急な欠員が2名出ても慌てず、お互い声を掛け合いカバーできていました。

今回は総合司会も生徒がやりました。初の試みでしたが、中学2年生の女の子が見事、1人でやりきりました!(もちろん英語です)

軽音部の高校3年生がマライヤキャリーを披露♪ 盛り上がりました!
受験も無事終わって良かったね。お疲れさま(^^)
他学年や違うクラスの生徒達との協力。限られた期間で、
慣れない人とのチームプレーはこれから増々、重要になります。
上手くできて、みんな笑顔(^^)

どうして、こんなに成長したの?

前回の経験から、1人1人が逞しくレベルアップしより責任感を持って、積極的に動いたからだと思います。何よりも前回と違っていたのは、指示がなくても、自分達でコミュニケーションを取り合い、問題解決に取り組んでいたことです。

「ここは私がやろうか」
「この時に行けばいいかな」
「このタイミングで準備していないとダメだね」

とても頼もしく見えました。たった1年1回の経験で、子供達はこんなに成長すると、実感した瞬間でした。

劇のシミュレーション。11名の中学生が合同レッスンで行いました。

「人間力」がある
だから、話せる!成績もいい!

今回スタッフをした生徒達は

★ 明るく・積極的に人と関わり
★ ちょっと怒られても・失敗してもへこたれないガッツと
★ 未知のことにチャレンジしていく勇気

を持っています。

会話力は、今、1人で留学しても、何とかやっていける力を既に身に着けており、学校や英検でもいい成績を出しています。(中学8名中:2級×2名、準2×3名、3級×3名)私達の自慢の生徒達です(^^)

劇以外にも仕事も沢山(^^;ケーキ箱詰めの様子。
「英語で仕事をする」インターンシッププログラムの一環です。
お菓子の袋詰めもやります。ワイワイ、楽しくやっています(^^)
今年は100袋分。Wow!

「できる人」の共通点

会話力もあって成績もいい、彼らには共通点があります。それは、小学生の頃から教室のイベントに参加し、

★ 他の人と交じって、
★ 人前でダンスをしたり、
★ 歌ったり、発表したり、
★ 劇を一緒に作ったりなど、

様々な機会を通して、人としての経験値を積み、じっくり「人間力」を育ててきたことです。 あくまで教室での共通点ですが、こうした家庭では、例外なくお家でも「人間力」を重視した子育てをされています。

ジャーン!子供達のリアクションがうれしくて毎年、頑張っています。
1人でやると12時間(笑)これ、誰がやってると思います?
そう。生徒です。英語を使えばとてもいい練習になります。日曜日に来てやってくれました。
Thank you!

ゴールデンエイジをご存知ですか?

幼児期~10歳までの期間のことでこの時期に、勉強の主役となる力、例えば

———————————————
考える力、応用力、情報理解力、表現力、
粘り強さ、学習を楽しむ習慣、論理性、等
———————————————

が急速に伸びると言われています。つまり、人としての力 =「人間力」が高いほど、学力も身につきやすい、ということです。

プロジェクターだって、やりながら学びます。
OJT?どんと来い!

どうしたら「人間力」は育つのか?

一番の方法は、勉強した知識を色々な経験を通して、どんどん繋げて、応用・発展させる「経験教育」を多く積むことです。

「人間力」は中々育ちません。成果も見えずらく、忍耐力が要求されます。

しかし、長期的な視点を持って、じっくり、それらを育んできたお子様と、そうでないお子様との差は中学に入ってから「点数」という形で、じわじわと出てきます。

ゴールデンエイジにいる子供達は「面倒くさい」という言葉を知りません。好奇心旺盛で成長することに意欲的です。家事でも何でも、身の回りのことから色々な「経験教育」を積ませてあげてください。その1つ1つの積み重ねが、必ず
中学・高校での勉強に繋がるはずです(^^)

受験専門の予備校講師も
同じことを言っています 

東進ハイスクールのカリスマ英語講師・安河内先生も著書「頭のいい子の育て方」で私と同じことを言っています。(学力を身につけるには人間力が必要) 受験専門の先生が、同じことを言っているのですから「人間力育成」の大切さがわかります。

             

今回のブログを書くにあたりこちらの本を参考にさせて頂きましたので最後に紹介させて頂きました。とても参考になります。ぜひ、読んでみてください(^^)

英会話教室が生き残る唯一の方法

英会話教室の使命は、英語教育を通して
逞しい国際人を育てること。そうして国際競争力を
強くしないと、日本はどんどん弱くなります。
私たちには、使命があります。

共感してくれる英会話教室の経営者の方限定で、
定価2980円のデジタル本を1980円で
ご提供します。

英語教育を通して、日本を共に支えましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です